FC2ブログ


やる夫は憂いを取り去る者 27話 おまけ



237 名前:622 ◆5u.P6FoR2U[sage] 投稿日:2010/03/21(日) 19:44:27 ID:yfqZi5NY

※おまけ

                           ひたぎだお! >

       l: : : : : : : : ::::l  ヽ:::::..ヽ. ヽ:::::::...: : : : : :':\::::::::::::::..: : : : : : : : : i: : : : : : : i
.         ' : : : : : : :::::::l_  \:::::ヽ `丶、::::::::..:.:.:.ヾ`丶、::::::::..:|: : : : : : :|::: : : : : : :.i
         ': : : : : : :::::::「 ̄ ̄` 丶、::::\    `丶、;;;:::_ヽ≠ミミ、_!: : : : : : :ト、:: : : : : : :i
        ;. : i : : :::::::l _,,、__`丶 `丶、       ァ'は::rヘ::::}ヽ>: : :o:。: | }::: : : : : : :.ヽ
           ' :.:i : : : ::::| /ら:::::`丶、        ′いゝイ.ソ 、|: : : : :i : !/::::: : : : : : : : :\
        λ::l : : : :::iヾ いrしヘ} `          ゝ―' ` : : : : .!: |:::::::::: : : : : : : : : : :ヽ
        ; :ヽl : : : : ヘ´' ,ゝ-ー'                |: : : : :i: :i::::::::::: : : : : : : : : :ヽ: .\
        !: :.ハ.`丶、:__ヘ                         |: : : :./: :ト、::::::::: : : : : : : : : : : ヽ: :\
          !: : : ', : : : l.ハ         .:l           / ; :イ: : :l  \:: : : : : : : : : : : : :}::. : : '
.         |: : ::::ム: : : ! :ハ           ヽ             / / |: : :,'    ヽ、 : : : : : : : : :i:::. : : :!
.          |: :/  !: : i : :.ヘ                    ,' i.: :/|      ヽ. : : : : : : i::::: : : !
      _/   ',: :.|ー--\      'マ  ¨/       ,' l: / .|          \: : : :.i::::: : : |
     /  ,       ; :|                      ’    .j:.'  |             ヽ、i::::::: ;へ/\
.    {   i      ;.|     l.  > .、       ,. ‘       /  l            `ー <. ハ∠
.     j   l       ;|      l    \ >   <          /   l                   V____}
    i    !       ヽ.     l     ヽ               /   l             /     V: : :ヽ
     |   !           |      ヽ    /         l            /        V: : : :


 ―― 戦場ヶ原ひたぎにとって、このひと言は重い重い言葉だった。

    このときもそうであったと思うし、この先もそうであろうと予測するのは容易である。

     少なくともやる夫の何気ない言葉であったと彼女も自覚していたし理解もしていたはずだが、

     それでも、彼女にとっては特別なひと言となったのは確かなわけで、それは疑いない。

      生涯この瞬間を忘れない、なんていう今時の少女漫画でも出てこないような、そんな感想を

     持ったのである。つまり、やる夫がもう少し思慮深く、そして理知的であったのならこの先、

     戦場ヶ原ひたぎの事あるごとのお仕置きの口実になることもなかったであろう。

      とにかく、やる夫という思春期の少年にとっては軽い言葉であったのかもしれないが、

     戦場ヶ原ひたぎという同年代の思春期を傭兵などという噎せ返るような殺伐とした世界で生きてきた

      少女にとって、重いひと言であったことを、やる夫自身が理解できなかったのは不幸としか言いようがない。

      そう、理解していたなのら、その日の夜に起きた惨劇は、防げたはずだったのだから ―――





アクセスカウンター
テレクラライブチャットミントCJ!メール出会いメル友


やる夫は憂いを取り去る者 まとめ

234 名前:622 ◆5u.P6FoR2U[sage] 投稿日:2010/03/21(日) 19:28:28 ID:yfqZi5NY
               |   |                    |               |
               |   | ○                 |               |
               |   |                    |               |       < いやあああああああ! おろし金、おろし金で摩り下ろすのだけはあああああ!
      ,.         |   |                    |               |
    ,;:' ゙        |   |                    |               | :.;'
               |   |.                 |               |   :.
               |   |                    |               |
               |   |                    |               |   < あら、軽い気持ちで好きとか言っちゃったなら、相応の罰が必要よね……?
               |   |:                 |               |
               |   |                    |               |
              .::' |   |                    |               |
               |__|__________|________,;;'|
            /                                \
            /                  ,';.              \
         ,/                  ,
      /
      /
:   /                               /: : : : : : : : : : : : : く: : : : : : :\
:';./                                   . : :/: : /: : : : : : : : : : : >: : : : : : : ヽ
                                    //∨ : : : | / : : : : : : : : : ト、 : : : : : : : ',
                                 /: :∨: : : /:| i/: :/ : : /}: : | ㍉\ : : : : :
                                  ,′: :i: : : : |八{: : : : : / :|: : リ  ヾミ';.:. : : :i
                               i : | : |: : l /ト、/|: :|: : /  i: :/ /  ミ∨ : i:|
                               l : | : |:i: :Nx‐ミi: :|: /、__厶イ⌒ヾ  Yミ}: : :│     な、なに!?
                               | 八 从:.:! {{  心乂 〃 r'ハ   }} j/`ヽ:ハ
                               l/ ハ: :f小  Vリ     Vソ _,     ノi 八
                                    ∧:{.∧/////////u_/ :|:!.:.j\
                                     / : \ハ    r   ⌒ヽ   /.:.:.:.j:从: |
                                厶イ:./}人    ∨    _ノ  .イハ.: /!│jノ
                                  |//⌒≧=-      _, イ\ト、}:/八{
                                 〃      ヽ\>‐<〉´│/Y `⌒!
                                     ハ      (   \  ∧ |/ {    〉
                                  /         \  } ∨  ∨┌ノ  ,_ノ
                                  ,′    丶   ∨      ゚| l/   /┘
                                 {          \j {ニニニフ | /  /



               ―― やる夫という少年の後日談はまた今度に語ることにしよう。

                   戦場ヶ原ひたぎという少女の心にゆとりと余裕ができれば、このときの事も笑い話にしてくれるはずに違いない。

                   だから今はただ、それだけを願って、僕は手を磨り下ろされるのを待つのである。

240 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/03/21(日) 21:05:17 ID:RmDqGj/U

これはアレかwww
各EDでの後日談ネタかwwwww

マ○の時、一行目で思いっきり噴いたわwwwwwwwww



241 名前:622 ◆5u.P6FoR2U[sage] 投稿日:2010/03/21(日) 23:28:28 ID:yfqZi5NY

>>240
一応、今回の幕間とおまけはキャラ出典元風にやってみたのですが……。
ひたぎのほうは長文は撫子冒頭、オチはマイマイを参考にしました。
ちなみに>>1は出典元のキャラはとあるは黒子、化は撫子が好きです。

それではみなさんまた次回 ノシ





関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://burakio.blog93.fc2.com/tb.php/1250-b004a715













アクセスランキング ブログパーツ javascript:(function(){var%20allTags%20=%20document.getElementsByTagName('div');for%20(var%20i=0;i